2010年、改正貸金業法が施行され、総量規制が導入されました。
その結果、消費者金融や信販会社からの現金の借り入れが、年収の3分の1以下に制限されることになり、すでに多重債務に陥っていた人の多くが、返済のための新規借り入れができなくなり、債務整理をするしか方法がなくなってしまいました。
そうした問題点を解決するために生まれたのが、「おまとめローン」です。
おまとめローンとは、複数の借金を一社で借り換えることで、金利や月々の返済額を下げ、完済をすることを目的にした、金融商品です。
おまとめローンは、融資額が高額になるケースが多いので、銀行しか取り扱っていないと思い込んでいる人が多いようですが、実際には消費者金融で借り入れが可能です。
それは、おまとめローンは顧客に一方的に有利な金融商品とみなされるので、改正貸金業法では総量規制の対象外としているからです。

おまとめローンは、通常のカードローンより審査は厳しい

多重債務者救済という意味では、とても魅力的な金融商品なのですが、貸主である金融機関にとっては、リスクのある融資です。
そのため、通常のカードローンより、審査は厳しくなります。
個人信用情報機関に照会し、過去に延滞などの事故情報がないこと、年齢や勤務先、勤続年数、住居形態など、申込者の属性などを検討し、融資を実行するか否かを判断します。
その際、借入総額よりも、借入件数に注意が必要です。
というのも、おまとめローンの場合は、他社からの借り入れ件数が3件以内であれば通ることが多いのですが、4件以上は属性や金融機関によっては融資の可能性がある、5件以上は申し込んでも審査は通らないというのが通説です。
そしてその際、利用していないカードローンも、利用限度額が審査の対象となってしまいます。
使用していないカードローンだけでなく、クレジットカードを解約しておく方が、おまとめローンの審査に通りやすくなるのです。
また、おまとめローン 体験談を見ると、一度借りると後は返済するだけで、通常のカードローンのように追加融資を受けることができません。
合わせて、借入先が一社になっても、借入総額は変わっていないので、いざという時に新規借り入れが難しくなる可能性があります。
そう考えると、銀行の利用限度額が高額なカードローンに申し込み、借金を一本化するという選択も悪くありません。
自分にとって最適な方法を、きちんとリサーチをした上で、見極めることをおすすめします。

ノンバンク系のおまとめローンの長所と短所とは

おまとめローンといえば、銀行系のカードローンを使うほうが一般的でメリットも高いといわれています。その大きな理由には、低金利であることがあげられます。おまとめローンを検討する場合に抱えている複数の借入には消費者金融からの借入が含まれている、ということが多いものです。消費者金融からの借入の場合、金利はおおむね15%前後ですが、銀行系のおまとめローンはそれよりも低い金利であることから、銀行系への借り換えで支払い利息を減らすことができます。そのため、おまとめローンでは銀行系の商品を選ぶほうが一般的とされているのです。

ではあえてノンバンク系を選ぶメリット、長所とはなんでしょうか。まずひとつには、審査が銀行系の商品よりも迅速である場合が多いこと、そして次に銀行系では断られてしまう可能性が高くてもノンバンク系だとまだ審査に通る可能性があるということが考えられます。

また、多少裏技めいたプロセスにはなりますが、複数の借入をいったんノンバンク系のおまとめローンにまとめたのち、銀行系のローンへ借り替えて結果的に低金利のローンひとつに収束させるという方法をとる場合もあります。銀行系のおまとめローンの場合には審査が厳しくなる傾向にあるため、先にノンバンク系のローンで借入の数をひとつに絞り、その後銀行系ローンへの借り換えをしやすくする、というものです。

ややこしくはありますが、結果的には低金利のローンひとつになるため、上手く金利差さえ計算できて返済計画をきちんと立てられれば、有益な方法といえるでしょう。

カードローンの契約者が多い時期は、年末年始となっています。年末年始は贅沢をする傾向にあるので、当然のように出費が増えます。年末年始の出費に備えてお金をためておく事が重要であり、そうすればカードローンを利用せずに済みます。こういった事も考慮して生活をしなければならないです。もしも、年末年始に現金を使い過ぎて生活をする際に困るようになったら、カードローンを迷わずに活用しましょう。低金利のカードローンを利用する事が、利息の負担を減らす為のポイントです。インターネットを使用して調べれば、どこの金融機関の金利が低いのかを簡単に見極める事ができます。下調べをせずに安易に契約先を決めると利息で損をする恐れがあるので、この点には注意しなければならないです。好条件で融資をしてくれる金融機関を見つけ次第、審査を受けます。審査に合格をすると個人情報が登録されたキャッシュカードが発行されます。キャッシュカードを使って最寄りのATMからお金を借りるのが一般的な順序です。ATMからの借り入れであれば時間の指定がないので、いつでも借りれます。お金の使いすぎにはくれぐれも注意する事が大事であり、そうすればカードローンを頻繁に使用せずに済みます。
クレジットカードのポイントサービスと同様に、カードローンにも利用するとポイントがたまるポイントサービスがあります。同じ利用するなら、ポイントサービスがあるカードローンに申し込んだ方がお得です。楽天銀行の楽天スーパーカードローンを利用すると、楽天スーパーポイントがもらえます。楽天スーパーポイントは楽天サービスで使うことができ、提携先のポイントに交換することも可能です。利用すればするほど会員ステージのレベルがアップする仕組みとなっており、レベルが上がるごとにさまざまな特典が受けられます。特典には振込手数料を楽天スーパーポイントで支払うことができるというものもあります。イオン銀行カードローンのポイントサービスでは、WAONポイントがもらえます。一定期間の対象取引金額の合計に応じたステージごとにWAONポイントを獲得することができます。りそな銀行カードローンでは、カードローン利用残高10万円ごとに5ポイントもらえます。ポイントはTポイントやJALマイル、NTTDOCOMOなど、提携ポイントに交換できるうえ、キャッシュバックも可能となっています。セブン銀行カードローンの場合は、電子マネーnanakoが貯まります。セブンイレブンやイトーヨーカドー、そごう、西武などで利用できます。

jcbでキャッシングサービスも行っているのですが、返済がしやすいと人気が高いです。jcbのキャッシングサービスの特徴は、返済方法が色々選べるという所です。一般的な返済方法は一括払いですが、それ以外にリボ払いが利用できます。
リボ払いというのは、毎月設定した一定額を返済するという物です。利用額によって返済額が上下しないので、無理なく返済が続けられます。例えば、今月はたくさんキャッシングを使ってしまい、来月返済できないかもしれないという時に便利です。いつでもリボ払いに変更できるので、困ったときには利用してみましょう。設定額の幅が広く、いつでも気軽に変更できるというのもポイントです。普段は無理のない金額にしておいて、ボーナスが入った時などに、設定額を上げてまとめて返すという事もできます。こういった色々な返済計画が立てられるというのは、キャッシングを利用する時に非常に重要です。自分のスタイルにあった返済方法がないと、どうしても返済が滞ってしまったり、トラブルに陥りやすくなります。jcbならそういった事もないので、キャッシングを利用するのが初めてという人にもおすすめです。キャッシング会社選びで困ったら、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

今すぐお金が必要で即日融資を受けたいならスルガ銀行グループのダイレクトワンがおすすめです。ダイレクトワンは貸付利率が4.9%から20.0%で借入限度額が1万円から300万円になっています。日本全国のセブン銀行ATMで利用可能でパートやアルバイトの方でも申し込むことができます。
ダイレクトワンで即日融資してもらいたい場合の申し込み方法は、店頭窓口がおすすめです。他にもインターネットや電話で申し込むこともできます。店頭窓口で申し込む場合は本人確認書類と収入証明書を持って来店します。申込書の書類に必要事項を記入すれば最短30分でカードを発行させることができるので即日融資も可能です。インターネットの場合は24時間365日申し込むことができるというメリットがあります。電話での申し込みはオペレーターが丁寧に対応するので初めての方でも安心です。
申込みをしたら次は審査になります。店頭窓口で申し込んだ場合はその場で審査結果をお知らせしますが、インターネットや電話での申し込みの場合は電話かメールで審査結果を連絡します。審査が通過したら契約になりますが、店頭窓口の場合はそのまま窓口で契約しカードを発行していもらいます。インターネットの場合はWEBで契約が完了するので書類の提出はなく、郵送やFAXの場合は後日カードが発送されます。

教貧困などによって学業を諦めなくてはならない環境をなくし、学業に専念できる環境を可能にしたのが教育ローンです。国が行っている教育ローンに関しては、大きく分けて二つの方法があります。一つは学力優秀者のための教育ローンです。成績が優秀で勉学を受ける必要性があると見なされ、家庭内の収入が低いと言った方には無利息で学費などのローンが出来るシステムと、利息金を付けてローンを組むシステムとなっています。国の行っているローン上限は350万円までとなっていますが、語学学校などで、海外へ留学をしなくてはならない場合には、上限は450万円までとなります。しかし、短期の留学ではこの教育ローンは利用できません。一年以上の語学学校への通学が決定している者だけが国からの教育ローンを受けることが可能となっています。
語学学校への入学が決まった時点で、国へローンの申請を申し込むことで入学費用などの準備金を賄えるため、早期に申し込むことが重要となってきます。また、日本国内ですでに学校へ通っており、編入と言った形で海外の語学学校へ通うことが決定しても、このローンの制度は利用できます。一年を通して申請は可能ですが、審査などに時間を要するので早めの対応が需要です。

借金返済で困ってしまった場合には、任意整理という方法があります。任意整理の手続きを完了させられれば、借金の金額を減額できる為、借金返済を以前よりもしやすくなります。特に膨大な借金に悩まされている方にとって、借金返済を実施する事が難しくなるケースがあります。その場合でも任意整理は素晴らしい手続きになっていて、借金の減額を期待できます。
実際に任意整理を行って、かなりの減額に成功している方もいます。借金返済しやすい環境が整えられれば、精神的な苦痛だけではなく、地道に返済も行えるので一石二鳥です。
任意整理を行う方法としては、自分で行う方法と弁護士や司法書士の方に依頼する方法があります。自分で行う時は、依頼する費用を節約できる代わりに高度な知識や情報が必要です。それに加えて多くの時間がかかる為、ある程度時間に余裕がある方でないと実施する事が難しいです。
弁護士や司法書士に依頼する場合には、一定以上の費用を支払わないといけません。その代わりに面倒な手続きなどをスピーディーに実施してくれるので、依頼側としては手続きが終わるのを待つだけです。
どちらの方法でも無事に手続きを完了させられれば、借金返済を少しでもしやすくなります。

最近は債務整理や任意売却の広告をよく目にしますが、債務整理というのはこのままだと完済、支払いとうことの継続が困難なことをさし、法律に則って、当事者との話し合いをして支払いをどうしていくのか、または整理をしていくのかを債務を圧縮、帳消しするという意味であり、これらの相談としてあるのが司法書士であり弁護士になります。また任意売却ですと住宅ローンが難しい状況になってしまって残債、売却後の引っ越し費用などの整理に物件の売却まで、新たに生活をするため整理をすることになります。カードローン、消費者金融などの借り入れ、住宅ローンがあり支払いの見込みが難しいと任意売却で残りを債務と合算して帳消しにすることもできます。全体の債務をどうするべきなのかは依頼者がどうしたいのか希望と利益を提案していくことが必要になります。任意売却に理解と経験ある司法書士か弁護士に相談できるようにしておき、そして破産はしたくないけれど費用は抑えたいという考え方にも答えられるようなところもあります。また競売も避けたいけど債務者からの取立てなども相談してくれるところもありますので、債務整理や任意売却で困っているなら相談してみるといいかもしれません。