おまとめローンって何?通常のカードローンとの違いを教えて!

2010年、改正貸金業法が施行され、総量規制が導入されました。
その結果、消費者金融や信販会社からの現金の借り入れが、年収の3分の1以下に制限されることになり、すでに多重債務に陥っていた人の多くが、返済のための新規借り入れができなくなり、債務整理をするしか方法がなくなってしまいました。
そうした問題点を解決するために生まれたのが、「おまとめローン」です。
おまとめローンとは、複数の借金を一社で借り換えることで、金利や月々の返済額を下げ、完済をすることを目的にした、金融商品です。
おまとめローンは、融資額が高額になるケースが多いので、銀行しか取り扱っていないと思い込んでいる人が多いようですが、実際には消費者金融で借り入れが可能です。
それは、おまとめローンは顧客に一方的に有利な金融商品とみなされるので、改正貸金業法では総量規制の対象外としているからです。

おまとめローンは、通常のカードローンより審査は厳しい

多重債務者救済という意味では、とても魅力的な金融商品なのですが、貸主である金融機関にとっては、リスクのある融資です。
そのため、通常のカードローンより、審査は厳しくなります。
個人信用情報機関に照会し、過去に延滞などの事故情報がないこと、年齢や勤務先、勤続年数、住居形態など、申込者の属性などを検討し、融資を実行するか否かを判断します。
その際、借入総額よりも、借入件数に注意が必要です。
というのも、おまとめローンの場合は、他社からの借り入れ件数が3件以内であれば通ることが多いのですが、4件以上は属性や金融機関によっては融資の可能性がある、5件以上は申し込んでも審査は通らないというのが通説です。
そしてその際、利用していないカードローンも、利用限度額が審査の対象となってしまいます。
使用していないカードローンだけでなく、クレジットカードを解約しておく方が、おまとめローンの審査に通りやすくなるのです。
また、おまとめローン 体験談を見ると、一度借りると後は返済するだけで、通常のカードローンのように追加融資を受けることができません。
合わせて、借入先が一社になっても、借入総額は変わっていないので、いざという時に新規借り入れが難しくなる可能性があります。
そう考えると、銀行の利用限度額が高額なカードローンに申し込み、借金を一本化するという選択も悪くありません。
自分にとって最適な方法を、きちんとリサーチをした上で、見極めることをおすすめします。

ノンバンク系のおまとめローンの長所と短所とは

おまとめローンといえば、銀行系のカードローンを使うほうが一般的でメリットも高いといわれています。その大きな理由には、低金利であることがあげられます。おまとめローンを検討する場合に抱えている複数の借入には消費者金融からの借入が含まれている、ということが多いものです。消費者金融からの借入の場合、金利はおおむね15%前後ですが、銀行系のおまとめローンはそれよりも低い金利であることから、銀行系への借り換えで支払い利息を減らすことができます。そのため、おまとめローンでは銀行系の商品を選ぶほうが一般的とされているのです。

ではあえてノンバンク系を選ぶメリット、長所とはなんでしょうか。まずひとつには、審査が銀行系の商品よりも迅速である場合が多いこと、そして次に銀行系では断られてしまう可能性が高くてもノンバンク系だとまだ審査に通る可能性があるということが考えられます。

また、多少裏技めいたプロセスにはなりますが、複数の借入をいったんノンバンク系のおまとめローンにまとめたのち、銀行系のローンへ借り替えて結果的に低金利のローンひとつに収束させるという方法をとる場合もあります。銀行系のおまとめローンの場合には審査が厳しくなる傾向にあるため、先にノンバンク系のローンで借入の数をひとつに絞り、その後銀行系ローンへの借り換えをしやすくする、というものです。

ややこしくはありますが、結果的には低金利のローンひとつになるため、上手く金利差さえ計算できて返済計画をきちんと立てられれば、有益な方法といえるでしょう。