債務整理と任意売却の違いと相談はどこに?

最近は債務整理や任意売却の広告をよく目にしますが、債務整理というのはこのままだと完済、支払いとうことの継続が困難なことをさし、法律に則って、当事者との話し合いをして支払いをどうしていくのか、または整理をしていくのかを債務を圧縮、帳消しするという意味であり、これらの相談としてあるのが司法書士であり弁護士になります。また任意売却ですと住宅ローンが難しい状況になってしまって残債、売却後の引っ越し費用などの整理に物件の売却まで、新たに生活をするため整理をすることになります。カードローン、消費者金融などの借り入れ、住宅ローンがあり支払いの見込みが難しいと任意売却で残りを債務と合算して帳消しにすることもできます。全体の債務をどうするべきなのかは依頼者がどうしたいのか希望と利益を提案していくことが必要になります。任意売却に理解と経験ある司法書士か弁護士に相談できるようにしておき、そして破産はしたくないけれど費用は抑えたいという考え方にも答えられるようなところもあります。また競売も避けたいけど債務者からの取立てなども相談してくれるところもありますので、債務整理や任意売却で困っているなら相談してみるといいかもしれません。

債務整理と任意売却の違いと相談はどこに?” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です